SAFER CAMPUS INITIATIVE

この2年間、COVID-19の運営にご協力いただき、ありがとうございました。IMGアカデミーのコミュニティにとって挑戦であった一方で、私たちのプロトコルとポリシーはここまでうまく機能しており、皆様のご協力に大変感謝しています。学内およびコミュニティにおけるCOVID-19の症例が減少しているため、私たちはパンデミック対策のプロトコルを更新しています。2月18日(金)の営業終了後、屋内でのマスク着用は不要となります。この決定は、地域やコミュニティにおけるCOVID-19の発生率に基づき、2年間のキャンパス内でのパンデミックの経験を考慮して行われました。マスクは、ウイルスに感染する可能性を減らす効果的な手段として推奨されており、CDCのガイドラインに従って、過去10日以内にCOVID-19が陽性となった人および接触濃厚の追跡が可能な人には、引き続き必要なものです。

マスクの着用義務は解除されましたが、屋内では顔を覆い、社会的距離を置くことが推奨されます。CDCは、高品質のN95またはKN95マスクを推奨しており、コロナウイルスに対する最も効果的な防御となります。IMGアカデミーに入学するために、学生アスリートは完全な予防接種を受ける必要はありませんが、私たちは引き続き、すべての学生が資格を得たらすぐに、またはできるだけ早く完全な予防接種を受けることを強く推奨します。CDCの最新の「完全予防接種」の定義については、ここをクリックしてください。

以下の場所では、引き続きマスクの着用が必要です。

  • ヘルスサービスクリニックに入るとき

  • ジョン・ホプキンス・オール・チルドレンズ・ホスピタル理学療法クリニックでの治療時

  • アスレチックトレーナーによる施術を受ける場合

  • MASKS REQUIRED(マスク着用)」の表示がある場所に入る場合


注意:ワクチン未接種の方は、アカデミー敷地内の屋内では従来通りマスクの着用が必要です。

マスクポリシーの変更に加え、無症状の寮生には、IMG認可外の宿泊旅行からキャンパスに戻る際、検査を要求しないことになりました。しかし、春休み(3月12日~20日)から戻った際には、すべての生徒に検査が義務付けられます。学生アスリートは引き続き、健康質問票を使用してCOVID-19の症状について検査を受け、症状がある場合は陰性となるまでキャンパスを離れるよう助言されます。

最後に、国家機関の最近の医学的勧告に基づき、COVID-19陽性の学生アスリートに対する競技復帰プロトコルを7日から5日に短縮する予定です。

この時点では、以下のCOVID-19プロトコルは継続されます。

  • 全員が毎日自分の健康状態を把握し、病気の際には他の人を守る必要があること。これには、マスクの着用と病気の報告も含まれる

  • 他の人と一緒にいるときは、社会的距離を保つ

  • こまめな手洗い・消毒

  • 健康診断の実施

2022年2月17日更新

キャンププロトコル

 

IMGアカデミーは、キャンパス内のすべての人の健康と安全を確保するために、最大限の注意を払い続けます。CDC、Johns Hopkins All Children's Hospital、Florida Department of Healthが推奨するガイドラインに従い、キャンパスの訪問者、従業員、施設全体に適用される特定のプロトコルおよび手順を確立しています。

ジョンズ・ホプキンス・オールチルドレンズ・ホスピタル
ジョンズ・ホプキンス・オール・チルドレンズ・ホスピタルは、IMGアカデミーの医療サービスを独占的に提供しています。ジョンズ・ホプキンス・オール・チルドレンズ病院の医療サービスチームには、小児スポーツ医学の専門家、看護師、理学療法士がいます。このチームは、今年のキャンパス再開に向けて、素晴らしいリソースとなっています。ジョンズ・ホプキンス・オールチルドレンズ病院の医療ディレクターであるパトリック・ムラローニ博士は、IMGアカデミーのリーダーシップチームに助言を与え、地元の公衆衛生当局との連絡役を務め、IMGAに最新の情報を提供しています。

スクールドックの健康と安全に関するフォームと、キャンパス到着の24時間前に送られるJHACH質問票を必ずご記入ください。すべての必要書類が揃うまで、キャンプ活動に参加することはできません。

ジョンズ・ホプキンス・オール・チルドレンズ・ホスピタルからのアドバイス
ジョンズ・ホプキンス・オール・チルドレンズ病院は、IMGに渡航するすべてのキャンパーに対し、渡航中は社会的距離を置き、マスクを使用することを厳重にするよう提案しています。旅行者は定期的に手を洗うようにしてください。

到着の前に

 

キャンパスに到着する前に、キャンパーさんの最近の健康状態や渡航歴について詳しくお聞きする必要があります。

スクールドックの健康と安全に関するフォームとJHACH COVID Questionnaireを必ず記入してください。これらはキャンプ到着の1週間前に送付されます。
このプロセスの一環として、COVIDワクチン接種の証明(完全接種の場合)およびCOVID検査結果の陰性を提出する必要があります。ワクチン未接種およびワクチン接種済みのキャンパーは、到着後96時間以内に受けたCOVIDテスト結果が陰性であることを提出する必要があります。
検査は迅速抗原法またはPCR法のいずれかとし、市販の家庭用検査は不可とします。COVID質問表は、到着の24時間前に記入する必要があります。
提出された検査書には、氏名、検査日、検査タイプ、検査結果がすべて明確に表示されている必要があります。
これらのフォームが記入されていない場合、キャンプ参加者はキャンパスに入ることができません。
すべての必要書類が揃うまで、キャンプ活動に参加することはできません。
また、キャンプ期間中に着用できる布製のフェイスカバー(簡単に洗濯できるもの)を2枚以上持参してください。


チェックインと到着


到着後、すべてのキャンパーと家族はキャンパスセンターに案内され、チェックイン手続きが行われます。すべての必要書類を提出し、COVIDアンケートに合格し、COVIDテストが陰性であったキャンパーだけが、キャンパスに入ることができます。

キャンパス内の人々の健康と安全を考慮し、保護者やご家族の方の施設への立ち入りを制限しています。キャンパスライフチームが入居のお手伝いをし、ご家族が楽しめるようなアクティビティを屋外で行う予定です。

以下の注意事項をご確認の上、チェックインのご準備をお願いいたします。

  • チェックインは午後12時~午後5時の間にキャンパスセンターで行いますので、Bollettieri Blvd.の入り口からお入りください。

  • キャンプ参加者は、チェックイン時に2人以上の他人を同伴することはできません。

  • キャンパス内の安全のため、キャンプに参加されない方はキャンパス内の建物の外に出ていただくようお願いします。屋外に指定された待機場所があります。


キャンプ中

 

COVID-19に対応し、米国キャンプ協会の勧告に関連して、キャンプ参加者は年齢、スキル、スポーツに基づいて大小のポッドに分かれます。これらのポッドは社交的で、スポーツに参加し、一緒に食事をすることで、より多くの人々との接触を少なくすることを目的としています。

これらのポッドの目的は、キャンプ参加者全体の交流を制限することですが、キャンプ参加者を完全に分離することは常に可能なことではありません。ポッド同士が交流することもあります(自由時間やスポーツの後のアクティビティなど)。この交流は、同じような年齢層のグループに限定して行われます。

本人および他の人の安全のため、ジョンズ・ホプキンス・オールチルドレンズ病院から許可が出るまで、キャンプ活動に参加することはできません。すべてのキャンパーは、IMGアカデミーキャンプの規則と同様に、キャンパスの健康と安全のプロトコルを遵守することが期待されています。

キャンプ規則のコピーはSchoolDocで見ることができます。

陽性反応が出た場合


IMGアカデミーのキャンプ参加中のいずれかの時点で、キャンパーがCOVID-19の陽性反応を示した場合、IMGアカデミーの健康・安全担当ディレクターがJHACHおよびフロリダ州保健局と協力して、必要な接触者の追跡を行います。

病気になったキャンパーの保護者、および密接な接触があると判断されたキャンパーの保護者は、通知を受け取ってから48時間以内(海外)または24時間以内(国内)にキャンパスを離れるよう手配する必要があります。

これは理想的なことではありませんが、IMGアカデミーの他のメンバーのために安全な環境を維持するために不可欠なことです。もし、予防接種を受けたキャンパーが近くで接触し、陰性であった場合、予定されているキャンプ期間中、滞在することが許可されます。

キャンプのチェックアウト


キャンプ参加者は、チェックアウト日の午前11時までに学生寮を退去しなければなりません。

空港への送迎がある場合。
キャンパスライフメンターからチェックアウトパスを受け取った後、キャンプ参加者はキャンパスデスクに行き、パスポートと残りのお小遣いを受け取り、IMG輸送の方と合流してください。


迎えに来る場合。


保護者は、キャンパーがチェックアウトする間、車の中で待機するか、キャンパスセンターの外で待ってい てください。
キャンパスデスクの担当者は、キャンパスセンターの外で待機しています。保護者はキャンパーに携帯電話で到着を伝えるか、キャンパスデスクの職員に声をかけて、キャンパーを寮に送ってもらい、チェックアウトをすることができます。
その他の情報、または到着を知らせるために、キャンパスセンター(941-749-8748)にお気軽にお電話ください。
寮に滞在しないキャンパーは、最後のトレーニングセッションの後、自動的にチェックアウトされますので、キャンパスに戻る必要はありません。