footballpg_edited.jpg

​陸上・​クロスカントリー留学

  • IMGアカデミーの陸上競技とクロスカントリープログラムは、コーチ主導にアスリートを中心とした環境によって構築されたトレーニング方法論を開発しました。

  • チームの中で個別化された成長と発達に重点を置くことにより、生徒は、個人的な目標を達成するためには何が必要かを知るだけでなく、同様の願望を持つチームメイトにより常に刺激されます。​

  • アカデミーは、競技に特有とされるトレーニングと年間の競技スケジュールの調整に加えて、生徒は学業に向かい合い、教師・学校アドバイザー、大学進学カウンセリングチーム、パフォーマンスコーチを含むサポートシステムも備えています。

  • 大会の設定から招待大会への選出から大学DIVISION 1 プログラムへの参加まで、陸上競技およびクロスカントリープのログラムは、次のレベルへの到達を目指す生徒にとって重要なものとなっています。

  • プログラム概要
  1. IMGアカデミーの陸上競技およびクロスカントリープログラムは、生徒が学業コースと世界クラスのアスレチックトレーニングの両方を受けるため大学準備環境としては最適なものとして認識されています。​

  2. 生徒は、個別のトレーニングプランを受け取り、基本トレーニング、前後の競技、調整を含んだ育成システムに注視します。

  3. 生徒は、以下を受け取ります。

  • 個人開発計画

  • 個別開発四半期報告書

  • チーム競技スケジュール

  • トレーニンググループの期間化計画

  • 運動および個人的な開発計画

  • 大学進学計画​

  • すべてのドリル、スプリント、エクササイズ、練習は、効率を最大化し、スピード、強度を向上させるために、生徒個々のニーズに合わせて調整されています。

  • 大会へのトレーニングには、毎週のビデオ分析が含まれますが、より技術的な大会では、週を通してビデオセッションがより頻繁になる場合があります。生徒はそれぞれのコーチと共に、競技後にビデオを見て振り返ります。

  • 留学要件

対象年齢

12歳から19歳まで

学期開始期日

秋学期 9月/春学期1月開始 年間二期制です。

留学期間

1年間ごとの契約/半年の場合もあります。

留学費用 

寄宿制1年間 $81,400/~ $84,400

費用には、学校授業料、専門スポーツプログラム料、寮費、食費を含みます。

場所・滞在地

フロリダ州・ブラデントン。

  • プログラム内容

☆ジャンパー(トリプルジャンプ、ハイジャンプ、ロングジャンプ、ポールボルト)

  • IMGジャンパーの最終目標は、正確なストライドパターンで制御された最大水平速度まで加速することです。その最大のジャンプの可能性を達成するために、トレーニングはこれらのコア領域に焦点を当てるために分解されます:

    • アプローチ

    • アプローチから離陸フットのプラントへの移行

    • ​跳躍

    • フライト

    • 着地

  • 構造化されたトレーニング計画​

    • スプリントメカニクス、

    • アプローチリズム、

    • バークリアランス(ポールヴォーター)、

    • パワーまたはスピードなどに重点を置いています。

☆スプリンター&ハードラー

  • IMGのスプリントとハードルの生徒は、強さ、パワー、スピード、テクニックを組み合わせて、特定の時間と距離のパラメーターを最適化します。

  • 短距離走者とハードル選手は、最適な結果を得るために、優れた筋力比、水平速度と組み合わせた速度、および角運動量を必要とします。

  • トレーニングには、競争力のあるパフォーマンスのすべての側面に対処するためのブロック設定、調整、機械分析、ストライドパターンなどが含まれます。

​☆投てき(砲丸投げ、円盤投げ、槍投げ、ハンマー)

  • 投てきは大きな強さ、腕のスピード、そして優れた協調性を必要とするため、IMGは通常、週5〜6日、4日間のウェイトトレーニングを組み合わせて投げます。

  • すべての投げ手は、それぞれの主なイベントに焦点を当てながら、複数の投げイベントを練習します。

  • トレーニングは、テクニック、グリップ、回転、回転、パワー対スピードなどに重点を置いています。

☆クロスカントリー

  • IMGのクロスカントリーの生徒は、強さ、スピード、有酸素運動、テクニックを組み合わせて、特定の時間と距離のパラメーターを最適化します。

  • 各生徒トの合計ランニング量は、年齢と能力レベルに基づいて信じられないほど個別化されています。

  • コーチは量よりも質の高いトレーニングを優先するため、トレーニングには身体力学的効率の向上に役立つドリルが組み込まれています。

  • 距離ランナーは、スピードを最大化すると同時に、負傷のリスクを最小限に抑えながら、ポジティブなパフォーマンス結果をもたらす主要な生物学的コンポーネントを開発します。

  • ​特にクロスカントリーの生徒の場合、トレーニングは、長距離走、トレイルラン、トラック間隔を組み合わせて、スピードと持久力を伸ばします。

  • ランニングメカニック、回復テクニック、筋力トレーニング、栄養にも重点が置かれています。特定のペースと強度により、対象のエネルギーと身体のシステムに確実に対処できます。

2022-02-08 (11)_edited.jpg
Track&field
Track&field

press to zoom
track&field3
track&field3

press to zoom
footballpg
footballpg

press to zoom
Track&field
Track&field

press to zoom
1/11